0372604
Naoki's Stories The Website
[おしらせに戻る] [当掲示板の利用上の注意] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。管理者の書名を禁止ワードに加えたので『オーヴェリク●』などでお願いします。

チェロ動画みてみました・・・ 投稿者:Naoki 投稿日:2019/11/06(Wed) 21:35 No.6925  
チェロつながりで、そういえば動画はどうよ
と調べてみたら、いろいろありましたよ〜
初心者用の日本のお姉さんの説明動画から始まって、
海外にもマスタークラス動画など多数。
(楽器で言うマスタークラスとは、楽器指導の上級版みたいなもの)
それがまた、ハンバないわけです。
チェコフィルのマスタークラスとか、
ベルリンフィルのマスタークラスとか、
おひおひ・・・

人によっては「ギターのおまえはそんな脱線している場合じゃないだろ」と思うかもだけど、
やっぱ、脱線は大切なのです。
実際、チェロのことがわかると、ギターにフィードバックできるものがいっばいあった。

なにより、チェロは「難しい」のだ。
弦楽器って、要するに大きい方が難しいのです。
自分にとって、ウクレレはチョー簡単だけど、逆もまた真。
単旋律を弾くだけでも「しっかりおさえること」
「素早く移動すること」「音の長さのどこを強くするか考えること」
などいろいろチェロなりの注意点があることを知ったんですが、
それは、より簡単なギターでも、基本は同じとして応用できる。
たとえば移動の素早さ。
チェロだと、左手が一気に30センチくらい飛ぶのはよくあることで
「指を置きにいかない、腕から先に動く」ということをしっかり意識すべし、と。
ギターだとそこまで大きな瞬間移動はあまりないから
そこは甘えて「指を置きにいく」とやりがち。
でも、甘えないで、しっかり腕から動かす、すると正確さが増す。
そういう工夫の一つ一つが、やってみると音としてわかってしまう。

この脱線、すごくよかった。
チェロを、自分がいつかできるかどうかはわからないけれど、
その魂はいただいたぜ!!
てきな。



試奏動画 Naoki - 2019/11/06(Wed) 21:35 No.6926   <HOME>

面白かったのは。この動画。
かっこいいお姉さんが、チェロ選びでお悩みのみなさんに
いろんなチェロを弾き比べてくださる。
「私も両親がお金がなくて、なかなかいいチェロを買えなかったの、
 どのくらいのものを選べばいいか、みなさんもお悩みだと思うし、
 いろいろならしてみて、参考になればと思うわ」
「最初のチェロは、ドイツの工房品、
 ハンドメイドとは違うけど、学生用としては
 とても良質な作品だと思うわ」
「2台目のチェロは、同じくドイツの作品だけど、工房品ではなく
 一人の製作家によって作られたもの。
 とても明るい音が出るわ」
「3台目のチェロは、オールドフレンチ、
 みなさんもオールドか現代作品かで悩むと思うけど、
 オールドはいろんな癖があることが多いの。
 これはブライトな音だけど、
 ときには、温かい音色だけど響きが弱いものもあったり。
 それぞれ個性として理解するといいわ」
「次は、できたばかり。少し小さなサイズのチェロ。
 チェロというと、深い低音が魅力だけど
 こういうあつかいやすいチェロも魅力だと思うわ」
「最後のチェロは、私が郷里にいた頃に使っていたものと同じ。
 音とか、作られ方とか、すべてが同じじゃないけど
 現代のチェロのなかから選ぶとしたら、悪い選択じゃないと思うわ」
「そして、私のチェロ。弾きやすくてエキサイティング。
 みなさんの選択の参考になればと思うわ」
ラフに意訳しただけ、意味がちがっていたらすみません。

自分は2台目の完成度が頭抜けていると感じたけど、たぶん一番高いんだろうな・・・
次に高いのは3代目のオールドか。
オールドは美音、でも聞き比べると"腰くだけ感"は少しありますね。
最後のは、美音じゃないけど、てきどにバラバラで、楽しそう!!
本人のチェロは、さすがにみごとなもので。



本物のチェロ 投稿者:Naoki 投稿日:2019/11/04(Mon) 18:16 No.6924  
今年も北の丸科学技術館に弦楽器フェアにいってきたわけですが、
長年の夢をひとつ叶えてしまった。
ちろん自分の目的はギター関係だったんだけど、
弦楽器というからには、会場のメインはバイオリン関係なわけです。
スペース的にもギターは全体の1/6くらいにすぎなくて。
そこには憧れのバイオリン族が、たくさん試奏をまって展示されているわけですが
どれも製作家がフェア用に用意した渾身の作、けっして入門用の楽器ではないわけです。
試奏をしている人たちも、見た目は普通の学生さんや社会人でも(あたりまえ)
楽器を持って弾き始めると、いきなりバッハやベートーベンをすらすら弾いちゃう。
プロがステージで弾くような素晴らしい音色をいきなり目の前で、
何も特別なことではないようにさらっと鳴らしやがって、
人間って、みためじゃわからないものですね〜(あたりまえ)

でも、今回はチェロをならべているコーナーのお兄さんと
ふと目があって、微笑まれてしまったから、つつつつつついに、やっちゃったのだ。
「ギターのためにきたんですが、チェロはずっと憧れで、少し音出させてもらっていいですか?」
「どうぞどうぞ」
と、お兄さんがとりだしたチェロを、さっそく椅子に座って構えてみた。
チェロの胴体、そのてきどなふくらみ感は、さながら女性のボディのごとし。
なんか初めて女の人を抱いたような、うれしいような、罪深いような気持ち、
そして松ヤニを塗り込んだ弓を渡されて、弾いてみました。
まあ開放弦なら、弓を当てて弾くだけだし、私にもできる
のですが、こここここれが、しゅごい!!
高音弦が、かるく弓の毛をあてるだけで、ふわぁ〜、と美しく鳴る。
マジですか!?
しかし、低音は、うまく出ない。
お兄さんに質問したら
「低音は毛と弓が当たるくらい深く押し当てて」
とレクチャを受けて、やってみたら、どどどどどーん
と驚きの轟音がひびきわたってしまった。
なんじゃこりゃ!!
開放弦だけでもよだれ出てくるほど美音だけど
ムリくり左手で押さえて、ビブラートなどかけた日には、それはもう!!
ヨーヨーマが弾くストラディバリみたいな音が本当にでしまう!!
まじですかー。
すごすぎるんですけど。
これはいったいおいくら万円、と質問すると、550ほど。
「これはちょうど先ほどステージで弾かれたものですよ、
今回は少し高いものしかもってきていなくて」
と、苦笑してさらりおっしゃる。
にゃるほど、弓とセットでだいたい700〜800万円くらいの楽器を
わたくしは弾かせてもらったようですね。
その値段、だてじゃない。
やっぱ、猛烈にいい。
ゴリゴリなる普通の安いチェロなら少しさわったこともなくはないけど
余裕で本物の響きがでまくるこれ、ぜひ欲しい!!

・・・でも、こんな爆音チェロは、楽器だけでなく
そもそも一軒家を買うところから始めないとダメですね。
まあ、たまたまソロ用のハード弦で調整されていたから爆音だっただけで、
アマチュア用のミディアム弦に替えれば、そうでもないのかもしれないけど。

ギターと違って、歌うような表現が多様にできるチェロヘのあこがれ。
自分もいつかは、ギターではなく、きちんとチェロで、
バッハの無伴奏チェロ組曲を弾きたいとあらためて思いました。



サイクリング再び 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/31(Thu) 01:20 No.6923  
休みの日はサイクリングということで
また東久留米まで約50キロ。
今回は湧き水についてネットで調べていったので
竹林の中の源流とか、ちゃんと見てきたし、
タオルをひたして身体を拭いてめちゃサッバリしてきた。

帰る前に駅の近くの餃子店にはいってご飯食べてきたんだけど
そのコップの水が激うま!!
おそらく水道水を浄水器通しただけだと思うんだけど
山間部の天然湧き水となにもかわらない。
やっぱ、すげーなー、と納得した。

半面、日暮れごろの街のさびしさも少し感じた。
学校帰りの子供たちとかはいるのに、なぜかとても静か。
たぶんトラックなどの大型車が全く走っていないから。
なぜ走っていないかというと
工場みたいなものが全くないから。
大工場でなくても、町工場的なものは
どこでもよくあるものだけど、一切ないっぽい。
ここは昔から水源として工場的なものはNGだったのでしょうか。
あるいは幹線道路の配置の関係なのか・・・

ちなみに、道は把握しました。
川沿いに自転車が走れる道が続いていたのだ。
サイクリングロードと明言はされてなかったけれど
さすがは東京です、埼玉とはまるで違う。
埼玉なら、いい感じで川沿いに小道があっても
大きな幹線道路にぶち当たるととぎれて
別の道に回り道させられたり、があたりまえ。
しかし今回ルートにした白子川も目黒川も
全くとぎれずに小道がつづいている。
大きな道にぶち当たると、歩行者・自転車用に
ちゃんと橋の下を通る道が作られている!!
こういうところは、やっぱ東京っていいよなーと思ってしまった。



情報大杉(≧◇≦) 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/28(Mon) 15:43 No.6919  
最近情報があふれてるなーと、今さらですがあらためてしみじみ。
テレビ時代(ブラウン管テレビ時代)の昭和的な情報社会も、
パソコンとネットが始まって
BtoC(企業対消費者)のダイレクトマーケティングとか始まった時代も、
それぞれに大きな変革と意識されたものだけれど、
いまは、なんか、発信者と消費者のセパレートされた形式がとけおちて
ちゃんこ鍋のようにぐずぐずになりながら、自分なりに泳いでいく、てきな?

たんに「情報」ということだけでなく、その中でどう選んでどう生きるかという
新しいノウハウまで求められている気がする。
でも、そういうことになっていくということは
人としての本性にそういう資質があるからですよね。
グチをいってないで、わたくしもがんばらないと・・・(笑)

ちなみに、情報の選択がうまくできる人はいいけれど
残念ながら失敗しちゃっている人も少なくないと思えるこのごろ。
とくにツィッターなど、自分と同じ意見の人たちとつながれるから
いつのまにか脳内では「韓国と国境断絶」が成立しちゃっている人とか。
そこ、日本の対韓貿易6兆円を無視して思い込んでは、さすがに問題だし、
韓国と生活で関わっている多くの人たちに迷惑をかけるかもしれないし。
個人としていろいろ思ったり考えたりするのは自由だけど・・・

たぶん問題なのは、公正な視点を持てる分析力とか語学力とかヒューマニズムへの洞察力とか、
そういったものを持ちあわせているよき人は、この社会組織的にはごく少数で、
多くの人は、そうではなく、どうとでもながれてしまう・・・
まだ、西洋にはキリスト教に根ざす良心が社会通念としてあるからいいけど
日本は、どうも上からの指導抑圧がないと
すっぱだかで良識かなぐり捨てる傾向が・・・



Re: 情報大杉(≧◇≦) Naoki - 2019/10/28(Mon) 15:43 No.6920  

じゃあ、なにが本当の良識なんだ、と問われると
自分の場合は、カザルスの弾くバッハかな、と。
最近それはあらためて強く思う。
モノラル時代の古い録音で、ノイズが多いし、チェロの音もよくないし、
それを聞いて深いなにかを得られる人は多くないと思うけど、
自分はそれを聞くと、身体の芯が揺さぶられて、
根本的に正しくなるように感じる。

正しいといっても、なにかの答えが固定的にあるわけではなく、
よりアグレッシブな"動き"の、方向性としての正しさ。
この方向で動いていれば大丈夫、と信じられるなにか。
心の健康の本質みたいな。
実際、ネットでカザルスのマスタークラスのモノクロ動画を見たけど、
もう60すぎていい歳のはずなのに、弓さばきも身体の切れも、軽々として繊細、
まるで16歳の少年のようでした。
めっちゃかっこいい。

あと、カザルスはスペイン内戦を避けてプラドに隠棲したとき
バッハの曲集だけを持っていったそうですが、
バッハも、いいのです。
自分も、日本人ながらバッハを知ることができる時代生まれて
本当に感謝です。
自分が理解できることなんて、バッハのほんの一部にすぎないけれど
それでもゼロではないことは、大きすぎるちがい。



カザルス博物館 Naoki - 2019/10/28(Mon) 15:44 No.6921   <HOME>

検索したら、なんとカザルスの生地、スペイン西部アル・バンドレイにある
カザルス博物館の室内が、グーグルマップ的に散策できるサイトを見つけてしまった。
さすがにおいてあるチェロはゴフリラーじゃないと思うけど
譜面縦に置いてある楽譜はカザルスが生前使っていたものみたい。
あと、ピアノはプレイエル。
パリのメーカーで、カザルスの相方だったコクトーが
録音はすべてプレイエルだったとか・・・



Pleyel et Cie Naoki - 2019/10/28(Mon) 15:45 No.6922   <HOME>

プレイエル(Pleyel et Cie)というピアノメーカー
初めて聞いたので、しらべてみた。
ショパンが実際に使っていたピアノの紹介動画がありました・・・
内部に金属も使っているけど、ボディはマホガニーらしい。
それ、猛烈に贅沢なんですけど。
ギター用の小型のマホ単板ならいまでも流通しているけど、
楽器用の高級マホをピアノボディにまるごと使うなんて、今では考えられない!!
(「マホガニー仕上げ」とか「木目調モデル」というのはありますが
 マホガニーを本体としてドドンと使っているピアノは現代ではほとんどないかと)
現代ではグランドピアノのフレームはメタルでがっちり作ってしまうのが常識。
もちろんモダン楽器の方が、ダイナミックで正確な音が出るという意味で
機能的には優れているけど、
やっぱりボディが木製のピアノは、音色が頭抜けてしなやかですね。
YouTube画像でも、その奥深い響きの違いは明確。
ピアノでありながら、全くべつの楽器みたい。
まさに"音楽"がこころにしみてくる〜

でも、こんなマホガニー単板製グランドピアノ、今新規にオーダーしたら
数千万円するんだろう・・・
(プレイエルのアップライト中古160万円というのがネットで一台だけ売られていました)



洗濯日和 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/23(Wed) 23:06 No.6918  
今日は天気が良かったので午後いっぱい洗濯してた。
普段のものを洗って、冬物出して洗って、カーテン洗って。
窓全開で気持ちよく洗濯できるのって、一年でほぼ今だけですからね。
春は花粉でNG、そのあとは梅雨でじとじと、夏は暑すぎ【クーラー効かない】
てなわけで。

それにしても、いらないもの、たまりまくってるな、と思う。
いただき物で、すてがたいけど使わないものとか。
そろそろ引っ越し視野に整理していきたい所存ではあるのだ。

実際、今の自分って、Macとギターがあれば
あとはどうとでもなりそうな生活なんですよね。
じゃあ洗濯機はいらないのか、と問われると困りますけど。

そういえば、新天地といえば、先日ロードバイクで西武線あたりを見てきたとき
東久留米の駅の近くで「川のせせらぎ」が聞こえるところがたくさんあって
「わー、なにこれ、夢の世界みたいなんですけど!!」とおどろいたものですが、
じつは東久留米市って、日本名水100選に東京都から唯一選ばれた、
湧水群のあるところなんですね。
地図を見ると、たしかにそこそこの豊かな流れの川が
まちなかでふっと消えている、その先にたどれない。
市内の水道水を供給している浄水所も、川沿いにあるのではなく
陸にぽつんと存在している。
敷地内の湧き水を利用しているのだとか。
「いつか水のいい町に住みたい」という長年の希望が自分にはあるんですが
どうでしょうね・・・



ラグリマ/タレガ作 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/22(Tue) 13:34 No.6913   <HOME>
「ラグリマ」のYouTube動画アップしました。
とくにうまく弾けたから公開、ということでもないんだけど
たまたまネットを探ってみたら、いい感じのフリー素材サイトが海外にあって
画像や動画をお借りして、作ってみた次第です。

あらためて思うんだけど、こういうものを作る人(自分)が
ジャンプ系苦手って、さもありなんって感じですよね。
好むと好まざるとにかかわらずビュアで善良な感じ。
それはしかたがないですよね。

自分のやれることをやるしかないし、
それがどこかでだれかの刺激になって
輪が広がっていくと、理想かなと思います。



無題 投稿者:みきえ 投稿日:2019/10/17(Thu) 01:35 No.6910  
大変お久しぶりです。
私のこと覚えていらっしゃるかな?
その節はお世話になりました。
お元気そうですね。

久しぶりにたくさん小説を拝見しました。
さすがの力量です。

でも相変わらず掲示板も激面白かったです。

素敵な運命の新天地が見つかるよう祈ってますね。
それでは(^_^)



Re: 無題 Naoki - 2019/10/17(Thu) 13:19 No.6912  

おおっ、みきえさん、おげんきですか。
最近更新が少なくてお恥ずかしい。
自分の状況は何も変わっていないのですが
世の中のネット環境が進化して、新パソコンではホームページをいじれなくなっているのと、
本作りのときの借金完済を目指してバイトを多くしているという事情がありまして(^_^;)
本当は今年の秋から本格再始動の予定だったんだけど、
あてにしていた過払い金の裁判結果は来年に持ち越しの雰囲気。
でもまあ、そろそろ本格始動を視野に、ではあります。

じつは、昨日、椅子を買いかえたんです。
今までの椅子も悪くないもので、
というか、今の安アパートに住み始めたときに
「もの書きとして椅子だけは贅沢すべし」と思って買ったやつ。
背もたれは高くないけど、重厚な社長椅子みたいな、
当時はPCチェアとして売られていたもの。
それが先日、ついに軸が金属疲労で折れてしまって。
一週間は組み立て式の足台(ミニきゃたつみたい)に座ってすごしました。
で、ネットで椅子探しです。
その椅子探しについても、語ると長くなるんだけど、
結局僕が学んだのは「椅子は中古で買え」ということ。
事務所の倒産品かもしれないんだけど
じつは新品で3〜5万クラスの上質な0Aチェアが、
中古ショップに1万円台で膨大に存在している。
たまたま発送倉庫が近くだったので、ネット注文後に現物確認に行ってみたら
バスケットコートみたいな倉庫いっぱいに椅子がならんでる、こんなにあったんかい!!
で、壊れた椅子の粗大ゴミ回収と、中古上質OAチェアの到着が、ちょうど昨日。
やっぱりオカムラの高級OAチェアは、座り心地が素晴らしくて、
これから座り仕事をどんどんやっていくぞーって気分で
とりあえず、昨日はグラブル(ゲーム)をやっていました(^_^;)

そんな気分転換の日に、みきえさんから書き込みがいただけたのは
うれしいし、偶然ではない気がします。
自分のもの書きとしての分析については、書くと言い訳っぽくなってしまうので
あまり書かない方がいいかもしれないのですが、
要するに、自分はここから、ようやくスタート地点に近づいているかな、
という心持ちでいるところ。

最近ブイチューバーというのを、よく見です。
ユーチューバーなら、ネット動画をあげている人のことですが、
そのバーチャルな人という意味で。
そこで「おはぴよ♪ バーチャル人生2周目幼女YouTuberの【もちひよこ】です! 」
みたいな言いかたをする人たちがいるわけです。
人生二週目って、いいな、それ、って。
いろいろ世の中を見てきて、震災とか、ネトウとか、ゲームやアニメも知って、
積みかさねてきたものがあるし、自分自身のことも客観視できるようになってきた。
そのかわり普通は、歳とともに肉体や感性のおとろえがありがちなものだけれど
そこをITとかPCの力を借りて、フォローしてしまう、と。

そんな感じです。
よかったらまたいつでもどうぞ〜



台風一過 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/14(Mon) 02:23 No.6909  
音楽とか、ギターって、本当に不思議だと思う。
どこまでいっても、まだまた道が続いてる。
べつに人類の誕生とともにギターがあったわけではないし、
日本人の歴史として長くギターと関わってきたというわけでもないし、
でも、筋肉と関節の組み合わせと、木で作られた楽器との関係は
まるで見渡すかぎり広がる大洋のように、可能性の海なのだ。

最近、具体的には、右手の爪を短くしていて
技術的にはこれがすごくいいかも、と感じているところ。
録音を聴くと、むしろ以前の長めの爪のほうが音の主張が明確で
少し聞いただけだと、むしろ前の方がうまく聞こえたりするんだけど、
でもやっぱり、そこには素人っぽいアラがいっぱい残ってしまう。
不備をていねいに完成させていくには、
爪の短い今の方向性で、もう少しやっていくべきなのでしょう。

しかし、今回も台風で長時間職場拘束されたし
あいかわらず自由な時間は少ないけど
秋のいい気候のうちにいくつか録音を仕上げたいな、と思います。

ところで、ネットで某ユーチューバーさん(ゲームメインの男性)が、
ライブ配信しながらおしゃべりしている中で
「やっぱりオレはジャンプだよな」とおっしゃっていて、
そこが妙に考えさせられた。
その人いわく、ジャンプで愛読していた作品でも
連載が他誌に移ると、追いかけてまでは読まない。
以前はスルーしていた作品も、ジャンプで新連載となると読んでしまう。
作者が好きか、作品が好きとか、あるけど、基本はジャンプが好き、と。

実際のところ、コミックマーケットでも「ジャンプ系」というジャンルが存在するように、
そういう世界観というか、アウンの呼吸というか、共通の表現言語というか、
エンターティメントとして高められたものがあるらしいですね。
逆に、自分は、それがないです。
ジャンプはすごく苦手。
大仰で、下品な表現が、アラレちゃんや北斗の拳の頃から馴染めない。
(ヤングジャンプは読んでいた頃もありますが)

では、自分にとって「やっばりオレは○○だよな」の○○はなんだろう?
と、そこを、ふと考えてみると、自分は「クラシック」なのかな、と。
ほんわか日常系のバッハとか、壮大なストーリー的なワーグナーとか。
こういうことって、インテリぶってるとか、虎の威を借りて、とか
はたから見ると、うさんくさく思われがちかもしれないのだけれど、
それでもやっばり、正直なところ、自分はそういうタイプなのかな、と。
そういうことをこちら側でそつなく自覚した上で、世に問う作品を作っていくべきかな、
と、思ったりしたわけです。



秋のサイクリング 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/09(Wed) 17:51 No.6908  
またサイクリングで筋肉痛っぽい・・・
あいかわらず引っ越し先の下調べ的な目的をかねてのサイクリング、
秋らしく気持ちいい天気だし、昨日は東久留米に行ってきました。
途中までは幹線道路がめっちゃうるさくて
大声で歌いながら走っても気兼ねすることがなく
ここはカラオケなんとかですか、と言いたいほどだったけど
東久留米の駅の近くは、とても静かでいいところだったな〜
駅の近くを幹線道路が通っていないので大型車両が少ないし、
今は小型車はモーターで加速する系が多いし。
畑の野菜の産直とか、昔ながらの銭湯もあった。

清瀬とか東久留米とか、西武線沿線が気になるというのは
やっぱり東京ということで、埼玉より道がいいんですよね。
自転車が走れる幅がきっちりあるか、ギリギリでおっかなびっくり走り続けるか。
特に自転車で走っていると、埼玉と東京の差を如実に感じてしまう。
ていうか、埼玉の道はひどすぎますね・・・
まあ、なんだかんだで、まとまった資金が入るのは来年に持ち越しのようなので
引っ越しもその後ということになりますが、
なんとか春の引っ越しシーズン前に決めたいな。

タイミングってこともあるけど、今日はイスが折れてしまった。
もう20年くらい使っていた回転イス。
もの書きを意識して、割と贅沢なものを買いまして
シートが破れながらも本体は頑丈だったはずなんだけど、
ついに座面の下の軸が金属疲労でぽっきり。
さっそく、心機一転、ネットでオカムラの高級オフィスチェア(中古)をポチリ、
来週までは、折りたたみ式の小型きゃたつに座って、がんばるのです。



休日 投稿者:Naoki 投稿日:2019/10/03(Thu) 00:57 No.6906   <HOME>
今日は久々の仕事全休で、昼から夜までずっとギターやってた、
だいたい8時間くらい・・・
といってもバリバリパワープレイということではなく
ギターの音色さぐりと、新マイクのエフェクト調整を試しながらなので
ヘビーな練習ではなかったんですが、まあ、疲れました。

道具というモノは、たいがいそうなのかなとも思うけど、
自分の場合、ロードバイクでもギターでも、4時間、6時間、8時間と
続けていくうちに、だんだん人馬一体になって深まっていくのが自覚できる。
完成というにはほど遠いけど、やればやるだけ伸びるポテンシャルは
ありがたいし、うれしいこと。
願わくば、こんな日がもっとあれば、のばしていけるのに。
ところが人手不足の昨今、なんと先月の全休は二日だけ。
一ヶ月間でたった二日しか自由な日がないって、ひどくないですか!?
今月はもう少しある予定だけど、それでもおそらく四日という。
この秋こそ自分の時間を確保してやるべきことをやろうと決めていたのに
これではなにもできない・・・
早く現金のためのそくばくから逃れたい・・・
まあ、過払い金裁判の決着は年越しになりそうだし
借金をすべてなくすまで、もうしばらく我慢のときということで。

動画リンクは、毎度おなじみのバッハチェロ1プレのお試し録音。
耳タコですが、バッハが耳タコなのは、わるくないっす(笑)



Re: 休日 Naoki - 2019/10/03(Thu) 01:00 No.6907  

動画の背景写真は、先日ロードバイクで走ってきたときに撮ったもの。
ふつうに「いい天気だ、写真撮ろう」と思ったものだけど
逆光で妙にアートっぽくなってしまったやつです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Edit by Lunar Studio