林直樹の既刊

全国書店で
御注文いただけます。

ネット通販amazonへ

パストライト

オーヴェリクス

秋のはじまり

季節を刻む白い時計

 パストライト [Kindle版]

ネットで公開してきた短編を電子書籍化。4冊のシリーズ。
1.『若者』とよばれるものについての4編
2.『人生』とよばれるものについての4編
3.『愛』とよばれるものについての4編
4.『未完成品』とよばれるものについての4編
(2015.7.20発行)

 オーヴェリクス

インターネットが誕生してから半世紀。世界に広がる単一のネットワークはバベルの塔さながらに崩壊し、多数のネットがせめぎ合う分離独立の時代を迎えた。現実(リアル)と仮想現実(マトリックス)の交錯する中、多様なハッキングに翻弄されつつも、時空を越えた二人の『つながり』を探り確かなものとしていくサイバーファンタジー。

出版/文芸社
ISBN978-4-286-08106-9 (四六判・並装・312頁・定価1260円/税込み)


秋のはじま

北海道で学生生活を送る祥吾は、夏休みに帰省し、東京で一人の女性と出会う。年上の女性との接点はあまりないように感じられた。しかし二人の背景がシンクロし、深いつながりを共有するようになる。日常の中で、活きることと死ぬことの意味を問い、好きになる気持ちについて探り合う二人。新書籍ブランド・ルーピーヒルの原点となる作品。

【秋のはじまり 林直樹著】 出版/ルーピーヒル
ISBN4-9901261-1-4 (本文横書き132頁・本体価格1000円税別)



季節を刻む白い時計

なぜクリスマスにケーキでなくドーナッツなのか? 昔の出来事を語り理由を説明する父親に、娘たちは反論する。「サンタなんているわけないんだから、この話はどこかがでっちあげってことよ」 しかし父親は当然のことのように諭す。「サンタは本当にいるんだよ」と・・・。「ドーナッツのクリスマス」他、気持ちの響きあう情景を季節ごとに集めた全17編。

【季節を刻む白い時計 林直樹著】 出版/ルーピーヒル
ISBN4-9901261-2-2 (本文横書き152頁・本体価格1000円税別)