improvisation 2008 1/20
『私達の夢』

見えないアルペジオの音色は
絶対イメージの瞬きの中
『イマージュ』として現れ
曖昧な時間の狭間にゆれている

捉えようとするば見失うし
ポケェ(エポケー)とすれば
そばにある

過去のネットワーク(ヘリテージ)は
『快楽』によって強烈に結び付けられ
把持することは容易い

未来に『種』を植え現実に表現していくこと
誰もが気に留めない、とても寂しく孤独な作業
時に 自暴自棄
時に 欲望のピエロ

『希望』の未来のネットワークは
『困難』が伴うため予持することは難しい

『愛』という不思議な共時性
未来と過去を繋ぐ表現形式
美しい音色を紡ぐ人は絶対的な感性で
音や形や言葉で表現している
そこに未来を拓く『鍵』があり
『私達の夢』を見る

2008/1/16/南の風